2007年03月06日

「FlyingShine」の「CROSS†CHANNEL」終わりました

ネタバレありです。2007年1月からプレイし始めて昨日ようやく終わったよ。

最初なんかやたら同じ事が繰り返し語られるゲームだなぁと思ってメッセージスキップなんかもしたりしてたんですけど、太一がループに気付き、気付いて各ヒロインと仲良くなっていく(なっていかない娘もいましたが…霧とか)辺りでちょっと面白いなと思いました。メッセージがおかしくて。でもどうしてそんなに評判が良いゲームなのかは分かっていませんでした。
新川豊の最後の理由を知った時、ようやく冒頭のシーンとつながって「あぁなるほど」と思っていたりしました。
だがそれは序の口。
ゲームを始める前は、美希が一番可愛いと思っていたんですが、専用ルート「INVISIBLE MURDER INVISIBLE TEARS」はつらかった…。みんな死んじゃうんだもの…でも最後祠に行かないで太一と一緒にループした時は悲しかった…。
そうやって攻略していくだけのゲームかと思いきや、太一は一人一人一週間かけて元の世界に還して行ってしまいます。(みみ先輩と友貴は一緒でしたけど)。かなり泣けた。
エンディングを見ると、美希は妊娠しなかったのですね…。それはそれで残念。
祠のノートを曜子ちゃんに燃やされた時には、二人で生きていくんだねと勝手に思い込んでいたんですが、その曜子ちゃんも説得して還してしまいます。
謎の少女「七香」の正体がエンディングで明らかになるんですが、なぜ?とかどうして?というのが結構残ります。
「これだけしか残してあげられなくてごめんね」と何度も謝る様は、自転車で突進をかましてきていた少女とはまったく別物でした。

「だれか、生きていますか?」異世界にいる元放送部の面々にラジオ放送が受信できる様は結構うるうるしました。
都市伝説にもなり、聞くと自殺衝動が止まる不思議な放送。

一人で何週もループを避けて、放送を続ける太一。自分がうつ病を患っている事もあってかなり色々考えさせられました。
プレイ日記も書かないで時間掛けてやったので、記憶に残っている所の羅列になってしまいましたが、確かに結構名作だと思います。




posted by 弥永壱哉 at 10:26| Comment(4) | TrackBack(0) | CROSS†CHANNEL
この記事へのコメント
七香の最後のシーンは謎も残るけど、涙が出ましたねぇ

一番最後のシーンはどうとればいいのか結構悩んだ記憶があります。

と・・・とりあえず・・・ミキミキは俺のよm(ry
Posted by くるるっぽ〜♪ at 2007年03月06日 11:50
あ、自分もみきみきが…(笑)
もう対応がナイスなんですもの、この娘…
Posted by 弥永壱哉 at 2007年03月06日 15:15
最近お忙しそうですが、C†Cをやっていたのですか。
ループを抜けるまではだるいですが「INVISIBLE TEARS」あたりからは本当面白いですよね。
最後のシーンではかなりきました。
主人公の名前が黒須(cross)っていうのも巧いですよね。
私も久しぶりにやろうかな・・
Posted by Ava at 2007年03月07日 23:12
はは、アニメもパンキンシザーズとコードギアスとKanonしか見てません。というかもう見れません(^^;)

いや、もう全然1日プレイは20分とかそんな感じでしたー。
自分の中では名作とは行かなかったですが良作なのは間違いないです。

最後はキました…。これで長年の積みゲーが1つ消えた…。
Posted by 弥永壱哉 at 2007年03月07日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29374767
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック