2010年08月07日

とっぱら〜ざしきわらしのはなし〜 藤花END迎えましたー。

鈴「ぷんすかでありんすー!」に萌えたw。


磐長媛(いわながひめ)
まきいづみってこういう声も出せるんだ…知らなかった…。


藤花のおっぱいが立派だ。絵の肉の質感が上手なのだな…。


不覚にも最後のバトルの後、藤花が消えそうなときには涙が出そうになった。


郷土史に興味を持った圭治。「君が望む永遠」の蛍ENDを思い出した。
うぅ泣けるよう。

「我が家のお稲荷様」風で気になっていた藤花だが、キャラが良かった。
青山ゆかりが良かったのか
(髪が青くない青山ゆかり声には違和感がどうしてもあるのだが)


小さい鈴のピーのシーンが無かったのは残念だ。
(こんな事書くからロリコンとか言われる…)


瀬織はシナリオ深そうだ。期待。

凄く面白いんですけど、このゲーム。
神様が出てくる「かみぱに! 」や「明日の君に逢うために」よりも今の所好き。
(「もしも明日が晴れならば」にも疫病神出てたっけ…)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40023162
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック