2010年12月25日

クリスマスイブに積んでいたkeyのplanetarianやってみた。

クリスマスイブに時間があって、せっかくだしと思って、
積んでいたplanetarianやってみた。

「あなたが暗闇に迷い、本当の星空が見えなくなってしまった時、そっと思い出してみてください。それが…」
「ちいさな、わたしの夢です」

「わたしは、こわれていなくて、こわれていたのは…」
光学樹脂の瞳が、世界を映す。

「天国をふたつに、わけないでください」

ほしのゆめみぃ

接客用ロボットと屑屋の話。
一生懸命、投影機を直す所は「おぉー」と思い
電力断になったところで「うわぁ」と思い
外に出ていくところで、嫌な予感が…。

そうですか、そういう終わり方ですか。救いがないですね…。
(そういう話が好きなのは確かなんですけど)

一本道ですごく短かったけど、なんか心に残るものがあった。
これからドラマCDを聞いてみる。
posted by 弥永壱哉 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42339628
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック