2013年08月21日

WHITE ALBUM2 感想

レビューというか感想を書いていて、なかなかまとめられないうちにクリアして半月経ち
色々と忘れてきているのでまとめられないまま記事投稿しちゃいます。


同じ三角関係物なんですが前作WHITE ALBUMにイライラしか感じなかったので(まぁ携帯電話がほぼ無い時代の話ですからね)ちょっと二の足を踏んでいたのですが、丸戸さんシナリオと言うことで結構気になっていたり。
で先日ようやく購入に至った訳です。

未だに君が望む永遠のポスター張ってます。スクールカレンダーの表紙も貼っています。
そんな自分なので、どうしても三角関係というと、君が望む永遠と比較してしまいます。

丸戸さんという点では パルフェ、NG恋、こんにゃく辺りとは比較してしまうだろうなと思ったけど、そうでも無かったかも。ここまですれ違う丸戸さんの作品俺は知らないし。

7月26日の夜から始めて、8月6日2時に終わりました。結構ゲーム中心の生活をしてやり込んでいたつもりだったんだけど
結構な日数がかかった。ボリュームありすぎ特にclosing chapterとCODAの。

絶対に1周目は攻略を見ないでプレイすると決めていたのですが、
今になってルートを見返すと、
「IC→CC雪菜END→CODA雪菜END」 と大団円でした。
最初にクリアしたのが大団円だったので、他のルートはもっと幸せに違いないと思ってプレイしたら
CCは他の3人ともきついし、んー千晶が一番つらかったかな。麻理は途中で冷めてしまって、
CODAノーマルENDは思いっきり後味悪いし(かずさ行方不明)、かずさノーマルENDは結婚ごっこだし
うーん個人的にはかずさトゥルーENDが好きかな。あれだけの気合いを持って駆け落ち風味ってとても気力いるんだろうな。

雪菜ENDは確かにかずさ日本に残って、3人一緒にいて幸せなんだろうけど、かずさが悲しいよね。
かずさと結婚して、雪菜がそばにいる逆雪菜ENDも欲しいー。かずさー。

親志って結局なにかの伏線だったのだろうか。しかも関西弁になっている設定も必要な意味わからない。
武也と依緒、雪菜に振り回されすぎ

CCの12月31日のコンサートに行くの選択肢はダミーでどのルートを辿っても解放されないと知って結構ショック。
あそこでかずさと会わせてやりたかった…

やっぱり生天目さんの声好きだなぁ。最初に生天目さんの声に惚れたのは 真月譚月姫のアニメ(評判悪い奴)だったけど。

全ルート読破後、もう一度雪菜TRUEをスキップ使いながら見た。
…やっぱりこれかずさが可哀想すぎる。顔で笑って心で泣いて。
「雪菜要らない子」とまでは言わないけども
自分はかずさTRUEが良かったかな。
ハーレムENDがあってもいいじゃないと真剣に思った。
(でもそうすると雪菜が壊れちゃうんだろうな)

結論、とても面白かった。ニコ動とかで言われる胃が痛くなるほどではなかった。
葛藤したり、悩んだりはもの凄くした物の。
長かった。秋からのアニメが楽しみだ。



●かずさのピアノについて
http://d.hatena.ne.jp/dongjing/20120120/p1 鳥頭読書日記さん:[game]WHITE ALBUM2、かずさのピアノについて
http://d.hatena.ne.jp/mp_f_pp/20100418/1271567510 とおくのおと出張版さん 『WHITE ALBUM 2 -introductory chapter-』で用いられたクラシック音楽について

クラシックが分からないけど、あの曲はなんていう曲なんだろう。CD欲しいなと思って探していたら
お二方のエントリーで大分氷解しました。ありがとうございます。
英雄ポロネーズ(ポロネーズ変イ長調「英雄」)がとても頭に残りました。


・小説:WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 1
・小説:WHITE ALBUM2 雪が紡ぐ旋律 2
中身はintroductory chapterと丸戸さん書き下ろしエピソード。
これは買おうかなと思っている

・ホワイトアルバム2幸せの向こう側公式ガイドブック
エクストラエピソードの話書いてあるかな…。

・WHITE ALBUM2 コミックアンソロジー (DNAメディアコミックス)
あまり評判良くないみたいだけど、中古で探してみようかな

エクストラエピソード目当てでPS3版を本体とまとめて買おうと、ポチる寸前まで行ったのですが、なんとか踏みとどまり。
秋に発売のPS Vita版も気になるところなのですが、逆移植されないかなぁ。
どっちもソフト買うのは良いんだけど、本体も一緒というのがハードル高いよなぁ…。

■以下プレイ中のメモ ほぼリアルタイムで書いているので、その先を当てていたり、大きく外していたりwします。
・introductory chapter
届かない恋ってタイトル、パルフェの「つまらない恋」思い出した。
かずさと抱き合うシーン、愛し合うシーンの時はとても納得した。本当に衝動的に引き寄せられてって感じで。
雪菜は何も悪い子じゃ無いのに、ちょっと痛い子かもしれないけど。

・closing chapter
やばい選択肢の一つ一つが心に痛い。
雪菜へのコールバックを電話にするかメールにするか(電話にしました)
冬馬の雑誌担当を引き受けるかどうかも(引き受けました)
たとえ八方美人BADENDになっても、思った選択肢を選んでみようと思う。1周目は。

雪菜の胃痛は精神的な物だったんだ。じつは突然の胃がん発見とかあったらどうしようかと思った

小春、あずにゃーんぽい。優等生。

「忘れられるはずのない思い出を、
忘れてしまったかのように嘘で塗り固めて、
ずっと、自分を殺して生きていくつもりだったんだね。」

麻理さん(編集上司)や和泉(同じゼミ)が元の生活に戻してくれるところにちょっとうるっと。
(あとで考えれば甘かった。特に千晶は)
和泉…神様?
nitro+の「君と彼女と彼女の恋」をやったあとだから、この辺の発言が気になる

はじめて自分の意図した選択肢がグレーアウト
12月31日「コンサートに行く」いや行くだろ。ここは行くだろ


デートの最後で拒絶。雪菜面倒くさい子…(クリスマスイブ)

柳原朋、嫌な子と見せかけてとても大事な役回りになったりする?
最初CV水橋かおりかと思った。<水橋かおりスキー

大学ラジオ、春希のギター再開。これはエンディングかなり良い感じで歌うのかしら3人で。
ナンパ男の車に乗る朋と雪菜。えーこれって結構酷いことになったりしないよね…。
それでえ雪菜が壊れちゃうとかいやなんだけど…
…あぁ良かったしかしどきどきというかハラハラした。
電話でいきなり「北原春希の馬鹿」って朋ちゃんかと思った。雪菜に対する恋心が溢れて。とか勝手に考えていた

ギターがBGMになっていると、この青空に約束をを思い出すねー。

「努力することそのものが俺の財産になる
 …だからムダなことなんてしてない」

くー、言いたい独り言でも言ってみたい。言ってみた。がっつり落ちたw

雪菜が風邪引きそうにずっとバスタオルなんだけど、しばらく選択肢も出ていない
もう雪菜ルートまっしぐらなのかな。

「かずさ」と小春と麻理さん気になる

和泉は結局なんなんだ?

なんて言うんだろう。よしHしたし攻略完了って感じじゃなくてストーリーに含まれているから丸戸さん凄いよね。
それでももう少しHシーンの尺短くて良いと思っている人なんですけど
連続H。なげー。まぁ想い通じたわけだしね。


「君が望む永遠」もそうだけど、3年経っていると思い出も増えるよね。
そういう描写がちゃんとされているのが、この作品の高評価につながっていると思います。

・LAST EPISODE CODA
CODA入ってからの雪菜とのHはがっつがっつ飛ばした。

CODA雪菜へのかずさと隠した電話で身もだえてしまった。おいーおいー切ないー

なにをしながらでも歌い出すって、雪菜、由飛みたいだな。面接でもプレゼンでも
マンションの隣の部屋ってカトレアさんですか。かずさもどてら似合いそう。

やけぼっくいに火が付いたを地で行っているよね。

雪菜のライブ

曜子さんの発言の意図は…?何を畳むのだろう。

「頑張れ、わたし!」
曜子さん体調悪いのか?
「くじけるな、わたし!」

かずさを見つけてからの
ファーストプレイの選択肢、グレーアウトされている選択肢を選びたいのに納得いかぬー

かずさのデレすげー

ここまで雪菜とかずさが会わなかったのすらも伏線だったんだ。

ボーナストラックかぁ
雪菜でベットで手を広げ迎えているイベントCGいいな。
エンディングが結婚式ですか。

でもやっぱり俺ならかずさ選ぶな…。
友達になれるのかな。

------------- ここで1周目終了

さぁどこからやり直そうかな。
攻略ちょっとみてみようかしら。結構攻略対象キャラ多そうだもんね。


大きな舞台が結構変わって ちょっとAXL「君の声が聞こえる」を思い出したかも
曜子さんの絵が似ているからかもしれない
君が望む永遠 + NEXTSEASONという咄も


デジタルノベル「雪が解け、そして雪が降るまで」
-introductory chapter- 2周目
書き下ろしノベル「Twinkle Snow〜夢想〜」ifICかずさEND 切ない…でもこれかずさ大成しないよね
デジタルノベル「歌を忘れた偶像」途中で挫折。だってつらすぎるというか読んでいて墜ちていくよ 結局2年目まで見た。友近くん切ない
 嫌いなところ探しが切ない 結局読んでしまった。春希…告白しただけの男を殴るのはどうかと…ちょっと引くわ。親友なのに。

●小春
ファミレスっていうことで君のぞ、飲食店って考えるならショコラ・パルフェ
ファミレス あるともあったな。
でも傷心して、ファミレスでリハビリっていうとイメージ的にはやっぱり君のぞかな
君のぞでも”すかいてんぷる”が居心地の良い空間だった。


小春っていうと 「こころナビ」のソフトボール大好きっ娘を思い出す。
小春…きつすぎる。またこの教師諏訪が全編にわたってクズ教師で…
丸戸さんつながりで勝手につなげているだけかもしれないけど、NG恋のトコちゃんもちょっと入っているかも

参考になるかわかりませんけど、お店の中でHしたのは一回です。ってものすごい爆弾発言

小春と雪菜が最後に話していたとき、最後の謝ろうとした小春に雪菜の主人公を事を言うところの盛り上がり(音楽も盛り上がっていたけど。見せ場だね)
すでに2月の時点で別れていたんだ。雪菜は主人公にとって良い子なのか悪い子なのか悩む
そうかさすがに現役合格は無理だったのか。でも自宅で勉強して一浪だものね。

雪菜が喫茶店で、春希に手を振っている絵と、席で泣いていて小春がそれを見てるシーンの対比は結構きた。

●和泉
どんななぞが有るか分からないけど、良い子だな。
Hシーンは連打ですっ飛ばすことが多いですがクリスマスのHシーンはセリフが面白くてついつい普通に読みました。なんか幸せな感じ

和泉のかずさの声物まね、結構響いた。あれ?もしかして同じ声優さんだったりする?あとで調べよう。ってしゃべっているのかずさ役の生天目さんか

和泉ノーマルEND終わって、ICの武也と和泉(瀬能)のやりとりを見た。演劇の為なのか…えーちょっとトゥルーEND気になるかも

うわ、選択肢「苦手だ、こいつ」 →トゥルーエンド を選んだ、小春と和泉の話が酷い、雪菜との事が、自分の過去になってるw
朋と雪菜が出ていたコンパに和泉千晶も出ていたんだ。しかもあんなよそ行きの格好で。しかも助けるし、呑みに行ってるし
長瀬晶子…
雪菜を小春と一緒に探し回っていたときに、和泉と飲んでいたとは…

瀬野内晶 このラジオで言っていたことは和泉だったんだ。劇団ウァトス。年内は戻れないって、確信犯かぁ。


これ、もしかして3人の話を演劇にしようとしているのか?
通常ルートの時の綺麗な幕引きを〜という所で小説か何かにするのかと思っていたけど
これはほぼそうだよね。千晶ノーマルENDで、年明けから居なくなったのって、劇団に戻ったって事だよね。
和泉が来なかった飲み会は、雪菜観察で一緒に喫茶店
「よし、気合い入れていこう」なにがやー

裏切っているのか、演劇の材料だけなのか。丸戸さんならそんな悪女は作らないと信じたい。

麻理さんいい人だよなぁ。ちょっと年下好み前回な感じだけども
和泉、本当にこれ良い終わり方するのかな。舞台で再現されて嫌な終わり方するとかないよね。
せのう・ちあき・ら

「届かない恋」大学のラジオ局に売り込んでいたのも千晶ってすげぇ。徹底してるなぁ

今、和泉TrueEND、。なげーよ、小春の時も思ったけど長いよ、ちゃんと納得の行く終わり方にはなっていたけど。
基本人格に人に恋する気持ちが搭載されたってことだね
これ劇の時にかずさがいたら大喧嘩確定だね。この公演のDVDとかをウィーンに送ってあげたいw。

●-closing chapter- ノーマル
これ平和なんじゃ、四人でスキー。頭乗せられて。

●麻理
春希って雪菜に甘えすぎだよね、自分のした他の女との逢瀬を話した上で、許してもらえないよなとかいう。
面倒くさい女だなぁ(笑)
麻理挿入を拒むのは、こどもが出来ないようにしているだけ?まだなんか過去があるのかな
薬の副作用?ピルか。
武也と依緒、どのシナリオでも奮闘しすぎ。この二人の結婚式ENDとかないのかなぁ
雪菜、馬鹿だよなぁ。会うの先延ばしにしている間にどんどん問題根深くなっていくのに。


個別ルートを進むうちに、CODAが一度終わっている身としては、かずさの事がとても気になる。

サブヒロイン3人とも話重いし、作り込んであるなぁ。
今のところ期待していた麻理さんが一番つまらない。だって最初からべたべただし
雪菜のお父さんの私服って…ちょっとださいよね。いつも白い

雪菜が全部悪い。君のぞの遙と比べものにならないくらいいらつく。どうしよう。
このままCODAの雪菜ENDとか見られるんだろうか。

スキー旅行。「-closing chapter- ノーマル」と同じなのに、どこで麻理さんからの連絡が入るか心臓に悪い
うわ、やっぱりこのタイミング…
「雪菜の最低最悪の決断」 雪菜の代用品の代用品…

サブヒロインルート、雪菜うざいけど可哀想すぎないか…?

最後こうくると思わなかった。根性で成田に着くか、乗り込んでいってとか、待っていたとかかと思っていたけど
なるほど名古屋移動かー。持つべき物は旅行代理店ですなー。
よかった。主人公の資質で、コネもあれば十分ニューヨークでもやっていけそうだよね。

●-coda- ノーマル
やべぇ2周目のCODA ストラスブールでの春希との邂逅の所、かずさの行動の補足入って熱い!
春希を追っかけてのヒール折れと凍傷だったんだ


朋がかずさが居たといって焦るのは分かる。こういう風に2周目とかで説明いれてくれるとうれしいねー

CODAにくると雪菜と恋人同士だから雪菜にはあまりいらつかない。
そうか追加公演しない、曜子さんの病気の事もしらないENDもあるのね。
かずさ全然駄目な状態で失踪か…。結構ひどいな


自力でクリアしたのは何ENDだったのだろう。なんとなく最後にやることを薦められている雪菜ENDだったのかもしれないCD作る奴。

●かずさノーマルルート
ふたりして駄目になっていってる。会社には駅で具合悪くなって行けないし、かずさは練習しないし
廃人まっしぐらですな。追加公演どうなるんだろう。雪菜との関係は?

逃避行の旅行、え、もしかして雪菜も入れた三人で行った親戚の宿に行こうとしている?

あー。有名人だと顔割れているもんねぇ。
結婚”ごっこ”痛いな。結婚ごっこが痛いんじゃなく、ごっこと言われた方にとっては。
コンサートは無事開催。最前列には主人公の席、開演間近に隣にきたのは雪菜

言わないで嘘をつけっていわれていたのに、一緒に暮らしていたとか言っちゃった。

シューマン ピアノソナタ第2番 ト短調作品22 最後の曲

武也「そりゃ……本人も泣いているからじゃね?」
「俺が女の涙見逃すはず無いだろ?」
赤ちゃんとか出来てないのかな。出来ていてもおかしくない描写と回数だったけど。

ダブル不倶戴天の敵 アンコールすっぽかしちゃだめだろ…
やっぱり春希壊れちゃったんだ。

でもかずさENDじゃないよなこれ…。PS3版ではかずさ浮気ENDという名前になったらしいけど。

●かずさトゥルーEND
何度見ても「私の冒険はここまでよ」はきついなー

何個かのルートであったけど、ストレスで電車乗れない時ってたしかにあんな感じの描写になるかも

なんで会わないでくれって言われているのに雪菜と有海で会っているんだ、この主人公
雪菜泣き叫びすぎ。

全然関係無いけど春希のHの最後も声優さん、毎回がんばっているなぁと思ったw

武也いいやつすぎ。依緒にあそこまで強く言えるなんて。


「俺、かずさと寝てなんかない」ってどういう事。寝てなかったっけ?俺が違うルートと勘違いしてる?
そっか、このルートではプラトニックなのかー

雪菜とかずさの邂逅
壊れた雪菜キター。自傷未遂かずさ

ここまで割りとぶっ続けでやってきたんですが、愛憎劇にちょっとお腹いっぱい気味。
雪菜事故?
えーまたコンサートすっぽかし?えー
なるほど、「そばに居ないときは、おまえの為に一番良いと思うことをしている」っていいねー

雪菜交通事故が原因で救急車のお世話になりたくないから逃げまわっていたというのは分かったけど、
春希と別れたあとどさって音がしたのは…。気のせい?

ギター自分なら、捨てられないけど、その後の処遇が大家さん頼みでどうなるかも分からない状態では旅立てない。というか忘れるなよ。

最後のビデオレター、どういう経緯で曜子さんに?冬馬曜子オフィス宛てに送られてきたのか。
雪菜、倒れた後遺症で車いすとかになってしまったのかと思った。下半身映らなかったし、そんな事ないんだよね。
(いろんな所のレビュー見たけど、そんな風に書いている人は一人もいなかったので、良かった)

----------------メモ終わり
posted by 弥永壱哉 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | WHITE ALBUM2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72957421
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック