2008年01月17日

月光のカルネヴァーレビジュアルファンブック買っちゃいました

月光のカルネヴァーレビジュアルファンブック (BG-iコレクション 37)
月光のカルネヴァーレビジュアルファンブック (BG-iコレクション 37)

買っちゃいました。
ずっと買うかどうしようか悩んでいたんですが、この大崎シンヤ氏の絵を
模写してみたいなと思って思い切って買いました。残り4冊ってなってたし…
(今見ると発送まで3〜5週間になったみたいですね、あまり当てにならないですが)

娘にも見せようかと思っていたのですが、結構まんべんなく「えちい」シーンが入っていて見せられないな。と。

だんだんこういうエロゲの設定資料集とか本増えてきたな。
いきなり死んだらどうしよう…。(笑)
posted by 弥永壱哉 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年06月26日

月光のカルネヴァーレ オールコンプリート

月光のカルネヴァーレ「レベッカEND1」と「レベッカEND2」が終わり、
CG・回想ともに100%になりました。

長かった…。ようやく終わりましたよ…。

レベッカEND1は順当な終わり方ですね。これが本筋なのかな?
ピウスとの闘い、紫水晶の不死鳥とか出てきて「あやかしびと」の最終決戦を思い出しました。
オルマ・ロッサに戻ったロメオ。うーん、まぁ物語としてはいいのではないでしょうか。

レベッカEND2、先にレベッカEND1をやっておいて良かったような気がする。
自分だけでプレイしていたら間違いなく最後の選択肢、レベッカを許しませんでしたけど(まて)
うーん救われないな…、レベッカもその子供も…。大きくなったノエルが見られたのはちょっと嬉しかったけど…。このENDでルナルアのツンデレ台詞が出てちょっと嬉しかったり「あなたに命令されたい訳じゃないんですからね」だったっけ?(水橋ファンとしては嬉しい。)ダヴィデにも言わせたのはどうかと思うけど…笑ってしまったのですけどね。策略に乗せられた…。
(若本さん最近なんでもありですねw)

統括として、一番泣けたのはやっぱりノエルEND1でした。

「がんばるぞーがんばるぞー
 あるけーあるけー
 あと少し!」

を超えるものは出てきませんでした。(あくまで自分の主観ですからね)

良く出来ていたと思うんですが(声優さんも豪華だし)割と小粒かなぁ…。自分の中では「あやかしびと」の方が熱かったなぁ…。

という訳で75点。そんな感じ。

「3つ言っておくことがある」とか多かったな。ロメオだけじゃなくて。
シナリオライターさんの癖?
posted by 弥永壱哉 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年06月24日

月光のカルネヴァーレ ルナリアEND1とルナリアEND2

月光のカルネヴァーレ ルナリアEND1とルナリアEND2終わりました。

ルナリアEND1の方が好きかなぁ…ロメロがサーカスの団長になって各地のはぐれ狼を退治していく話。
カルメロ可哀想…。レベッカも最後可哀想そう。マルカントニオの最後のセリフが凄く寂しかった…。

ルナリアEND2は、ロメオを殺そうとする気持ちと愛そうという気持ちに挟まれて自壊してしまう話。アンナの様に記憶を失って、一緒に生活する。楽しそうに満面の笑みを浮かべて人形劇をするルナリア。
鐘楼に登ってルナリアが見せてくれたベルモントの街を、記憶を失ったルナリアに見せようとするロメオ…。

そんな感じの話でした。
ルナリアEND2のノエルが相手にされなくて可哀想…

このゲーム本当にえちぃシーンが少ないっすね。
レベッカエンドでこの感想が変わるのかしら…。
posted by 弥永壱哉 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年06月19日

月光のカルネヴァーレ ノエルEND2

いや、最後のノエルが可愛かった

・ノエルEND2

そうだよね、これ18禁ゲームなんだよね(今更)
ノエルEND1は全然全年齢対象版になってもおかしくないぞ。
登場人物は全員18歳以上か…どう見てもそうは見えないけどなw

んー。でもサンジェルマン伯爵…他のシナリオでも出てくるのかな。

オルマ・ロッサはどうなったんだろう。最後ロメオが向かおうとしたのは何処?

話し変わるけど、ロメオのグランフィア。かなり形が好きです。
あのナイフが売っていたらちょっと高くても買っちゃうかも…

今回はロメオとノエルのハッピーエンドでした。
まぁこれはこれできゅんと来る物がありました。

え、次はルナリア?罵って罵って「鳴海さんなんか大嫌いです」とか言っちゃって、茜ちゃんとハッピーエンド?(君のぞ馬鹿、さらに大馬鹿)

「お願いですから、死んでください」にトキめく自分って…(謎)
posted by 弥永壱哉 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年06月18日

月光のカルネヴァーレ アンナEND1とノエルEND1

月光のカルネヴァーレ アンナEND1とノエルエンド1終わりました。
(攻略サイト(愚者の館様)の記載上、前にクリアしたのをアンナEND2とします)

かなりネタバレ含みます。注意

・アンナEND1
大団円END(アンナEND2)とうって変わって、人間になったアンナ。
正直「あぁよかったね」とだけ思いました。ちょっと想像していた通りだったのであまりびっくりはしませんでした。

・ノエルEND1
メインヒロイン(アンナだよね?)が終わって、まぁこんな物かあまり感動は出来なかったな。なんて思ってノエル攻略をした訳ですが…

3回マジ泣きしました。

・レベッカがイリスの所に戻ってくる所
・アンナが鐘楼の頂上で止まる所
・…そして最後。ノエルと静かに手をつないでいる所

忘れないうちに書いてしまおうと思って、ノエルEND2はこれからやる所です。

『がんばるぞーがんばるぞー
 あるけーあるけー
 あと少しー』

この言葉には二度泣かされました。つらい。でも感動した。
自分はかなり好きな部類のエンディングです。スタッフロールの音楽もじっと聴いていました。

まだあるのかな。泣かされる所。まだノエルEND2とルナリアとレベッカが残っているけれど…長かった分感情移入もしてしまって、もう駄目です。立ち直れません(苦笑)。

じゃぁ2つ目やるぞ。闘いものが好きなんだな。きっと。
「あやかしびと」とかもかなりキましたからね(Fateも好きよ)

あ、「うたわれるもの」「AYAKASHI」「AYAKASHI H」中古で手に入れました。
詰まれてく…。まずいまずい。クリアするより手に入れるほうが増えてる…。
posted by 弥永壱哉 at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年06月15日

月光のカルネヴァーレ 大団円エンド?

プレイ時間30時間33分。最初のセーブが4月14日…。
なんか銀貨皆復活しての大団円エンドでした。(攻略サイト「愚者の館」さんの選択肢を見る限りアンナエンド2なのかな)

ほそぼそとやってきました…あぁ終わった…。2ヶ月か…
いや面白かったですよ。他のエンドだときっと話が違うんだろうなぁ。
(シルヴィオは仕方ないけど、カルメロとレベッカはどうなったのー?)

カルメロのセリフがかなりイカしてました。かなり良い感じDEATH!

これからは攻略サイト見ながらフルコンプ目指しますっ!
あ、こそっと「ef」も進めてます。こっちも早く終わらせたいものです…。
posted by 弥永壱哉 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年06月08日

久々に「月光のカルネヴァーレ」プレイ中

久々に「月光のカルネヴァーレ」プレイ中

ルナリアが水橋かおりー。知ってしまうと「鳴海さん鳴海さん」としか聞こえない(笑)
「お願い死んでください」そんなセリフも茜ちゃんに聞こえる。たまらねー(←馬鹿)
(そうですよ、君が望む永遠フリークだからしょうがないじゃないですか。今でもたまにやり直しているし(開き直り))

最初初プレイはノエル攻略で終わるのかなーなんて思っていたんですが、誰エンドに向かっているんだ?今。

取りあえずアンナさんかな。んー。攻略法見てないから全然検討が付かない。

本当に仕事忙しくて久々にゲームしてます。アニメも全然見れてないし…。
本当にゲーム積んでいっています。こんなに積んでどうするんだー。軽く10本以上。そのうち5本は必ずやりたいし…。でも上にバナー張ってる奴も発売日が近くなってきて、もうどうしようもない状態。

ゲーム1日中やっていられた、あの頃に戻りたい…(遠い目)
posted by 弥永壱哉 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ

2007年04月16日

「月光のカルネヴァーレ」始めました

「Nitro+」の「月光のカルネヴァーレ」始めました。
同じ「Nitro+」の「斬魔大聖デモンベイン」も積んでいるのに…。

いやぁ序盤しかやっていないのですがハードボイルドですねぇ。
人狼だというのが分かって、工房に行く所までしかやっていませんが、まだ話には入っていけていません。「Fate/stay night」や「あやかしびと」みたいな引き込まれるストーリーである事を期待。

取り合えず開始報告。
posted by 弥永壱哉 at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 月光のカルネヴァーレ